板寄せ直前における注文の取消等の一部禁止に係る追加規制措置の導入について

2014年12月11日

大阪取引所より、平成27年1月13日(火)から、日経平均株価指数先物取引(日経225先物、日経225mini)の取引について、以下の形態による注文の取消等を一部禁止する規制措置(以下追加規制)を実施するとの通知がありました。
なお、この規制は平成23年12月12日(月)から実施されている、「板寄せ直前における大口注文の取消等の一部禁止」規制(以下現行規制)に追加して実施されるものです。

先物取引の板寄せ直前に注文の取消し等を行う際には、ご注意いただくようお願いします。

対象商品 日経225先物、日経225mini
対象時間帯 始値決定時および終値決定時における板寄せ直前の1分間
日中立会 8:59〜9:00、15:14〜15:15
夜間立会 16:29〜16:30、2:59〜3:00
原則禁止となる行為
(追加規制の導入で
新たに禁止となる行為)
1週間(※1)におこなわれる板寄せの総回数の4分の1以上において、取消倍率(取消注文数量(※2)/約定数量)(※3)が3倍以上となる注文の訂正・取消し
実施日 平成27年1月13日(火)
  • ※1原則、1週間単位(月曜日から金曜日)で禁止行為の該当の有無を判断
  • ※2訂正および取消注文数量

    少量の注文の訂正・取消しも規制対象となりますが、板寄せ時の価格形成に影響を与えるおそれが低いと考えられる場合や注文の訂正・取消しの理由が合理的に説明できる場合などは、適用除外とします。
  • ※3取消倍率の計算上の留意点
    • 板寄せごとおよび、売り買いごとに計算
      特定の銘柄において、一度の板寄せで複数回の訂正・取消しがおこなわれた場合や、売り・買い両サイドで注文の訂正・取消しがおこなわれた場合には、最も高い取消倍率を採用する。
    • 約定数量が0単位の場合は、取消倍率を3倍として計算する。
    • 特定の板寄せ時において複数の銘柄(銘柄別・限月別)で取消倍率が3倍以上となった場合は、1銘柄1回として銘柄数分の回数をカウントする。

これに伴い、訂正・取消理由の確認のため、当社より連絡する場合があります。
本追加規制の適用除外等の詳細につきましては、大阪取引所のWEBサイトをご確認ください。

【現行規制】

このページの先頭へ

リスクおよび手数料などについて