ネットストック・ハイスピードの機能改善について 〜スピード注文の操作性がさらに向上!〜

2015年1月30日

松井証券は、2015年2月7日(土)(予定)に、トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」の機能改善を行います。

ネットストック・ハイスピードは、自動更新される注文状況や評価損益を確認しながら売買できるため、機動性が求められるデイトレードに最適なツールです。松井証券に口座をお持ちであれば、すべて無料で利用できます。

今回の機能改善では、スピード注文画面の注文数量入力フォームの変更や、画面サイズの変更機能を追加し呼値の表示数を拡大します。これにより、ネットストック・ハイスピードの操作性がさらに向上します。

また、機能改善と同時に、新サービス「一日先物取引」の注文画面も追加します。

ますます便利になるこの機会に、ぜひ「ネットストック・ハイスピード」の利用をお試しください。

スピード注文画面の注文条件入力がより簡単に!

注文数量(金額)の指定方法を変更

スピード注文画面の数量(金額)入力フォームを、テキストボックス形式に変更します。

これにより、数値を直接入力して発注できるようになります。また、テキストボックス横のボタンをクリックしたり、テキストボックス上でマウスホイールを動かすことで、単元毎の数量増減(「金額」選択時には万円単位で増減)が可能になります。

さらに、従来のスピード注文画面上の数量(金額)ボタンは、数量(金額)増加ボタンに変更します。増加ボタンを押すと、ボタンに表示された数値の分だけ、テキストボックスに入力されている数値を増やすことができます。

増加ボタンの数値設定は、スピード注文画面の上部にある「設定」ボタンから行います。

ご注意

現在、設定している数量/金額は、機能改善時には引き継がれません。ご了承ください。

関連リンク

ダブルクリックだけで返済注文の発注準備が可能

スピード注文画面、ミニ・スピード注文画面および2WAYスピード注文画面において、残高情報欄をダブルクリックすることで、クリックした残高に応じて「取引区分(現物または信用返済)」や「口座区分(特定または一般)」、「数量(発注可能数量)」を自動的に選択・入力する機能を追加します。

ダブルクリックするだけで、発注可能な全株数の建玉返済(現物売却)注文を発注できる状態になるため、よりスムーズな取引が可能です。

ご注意

残高情報欄をダブルクリックして入力される注文数量は、発注可能数量となります。発注済みで未約定の残高がある場合、残高情報欄に表示される数量と発注可能数量は異なります。

このページの先頭へ

板の表示や操作性が向上!呼値の表示可能数が増加!

スピード注文画面のサイズ変更が可能に

スピード注文画面において、縦方向の画面サイズの変更を可能とします。

これにより、呼値の表示数を増やすことができるため、「板固定機能」を利用して値動きが激しい新興銘柄等を取引する際に便利です。

板のスクロール方法を追加

スピード注文画面において、スクロールバーやキーボードのPageUp/PageDownボタンで板をスクロールできるようになります。

今までどおりマウスホイールを使ったスクロールも可能なため、操作性がさらに向上します。

このページの先頭へ

設定内容が保持される項目を追加!

スピード注文画面等の「注文確認」の有無と、現物残高照会画面等の「評価損益自動更新」の有無について、設定内容を保持するよう改善します。

これにより、ネットストック・ハイスピード起動時に、前回終了時の設定内容で起動できるため、改めて設定する必要がなくなります。

設定が保持される画面および項目

画面名[画面コード] 設定が保持される項目
スピード注文(各画面)
  • 「注文確認」、「呼値空白」、「板固定」のチェック
  • 「取引区分」の選択※
ミニ・スピード注文(各画面)
2WAYスピード注文(各画面)
株式Trading Center[6203]
  • 「評価損益自動更新」のチェック
現物残高照会[6725]
信用建玉照会[6726]
指数先物OP建玉照会[6735]
  • 一日信用取引および一日先物取引のスピード注文、ミニ・スピード注文および2WAYスピード注文の画面では、前回終了時の画面設定に関わらず、再起動時には取引区分「新規」が選択された状態となります(環境設定画面で起動時設定「ユーザ設定」を選択し、お気に入り登録画面で取引区分「返済」を指定している場合を除く)。

ご注意

  • ご利用の際は動作環境および利用規約をご確認ください。
  • お客様の取引状況・口座状況によりご利用いただけない場合があります。

このページの先頭へ

リスクおよび手数料などについて