「短期信用取引」開始のお知らせ

2021年1月26日

松井証券は、2021年1月30日(土)(予定)より、返済期限を14日とした一般信用取引として、「短期信用取引」の取扱いを開始します。短期信用取引(以下、短期信用)では売建のみを扱います。
返済期限を短くすることで、無期限信用取引(以下、無期限信用)では調達が難しかった銘柄の売建が可能となります。

サービスのポイント

  • POINT 1 優待取りのつなぎ売りに活用可能です
  • POINT 2 クロス注文と組み合わせてさらに便利に
  • POINT 3 一日信用の人気銘柄が持ち越し可能!「短期信用プレミアム空売り」
  • POINT 4 「信用売建可能銘柄」ページを新設します
  • POINT 5 当社信用取引サービスの比較

優待取りのつなぎ売りに活用可能です

松井証券の短期信用では、株主優待を実施する銘柄を中心に、毎月の取扱い銘柄を決定します。

優待取りのつなぎ売りは、保有銘柄の株価下落リスクを抑えながら優待を獲得する手法ですが、制度信用取引(以下、制度信用)でしか売建できない銘柄では逆日歩が発生するリスクがあります。一方、短期信用は無期限信用と同じく一般信用取引に該当するため、逆日歩が発生しません。
短期信用では、これまで無期限信用で取扱いのなかった銘柄や、無期限信用で利用できる株式が不足し売建できなかった銘柄を中心に、取扱銘柄を選定します。そのため、より多くの銘柄について逆日歩を気にせず優待取りのつなぎ売りを行っていただくことが可能になります。

クロス注文と組み合わせてさらに便利に

短期信用と同時に始まるクロス注文機能を活用いただくと、つなぎ売りで必要な「現物買」「信用売」をまとめて発注できるほか、さらに「清算予約注文」機能を利用すれば、手じまいの取引も自動で発注予約ができます。
これにより、優待取りのつなぎ売りを、より簡単に行っていただくことが可能となります。
クロス注文機能の詳細は、該当のニュースをご確認ください。なお、優待銘柄のクロス注文は新設の「優待クロス<銘柄検索>」画面から発注いただけます。

  • 短期信用取引の銘柄追加は毎月中旬頃を予定しています。スケジュールの詳細は「短期信用取引 概要・魅力」のページをご確認ください。

一日信用の人気銘柄が持ち越し可能!「短期信用プレミアム空売り」

短期信用では、優待取りのつなぎ売りを目的とした銘柄のほか、一日信用取引(以下、一日信用)で人気の銘柄の一部を「短期信用プレミアム空売り」銘柄として、取扱銘柄に採用します。
これにより、一日信用では当日中に返済せざるを得なかった銘柄についても、短期信用プレミアム空売りを利用すれば翌日以降に持ち越しすることが可能になります。

短期信用プレミアム空売り銘柄は、毎週選定を行います。直近の一日信用で取引が盛り上がっている銘柄から厳選し、ラインナップしてまいりますので、ぜひご活用ください。なお、「短期信用プレミアム空売り」は通常の信用取引発注画面から発注いただけます。

  • 短期信用プレミアム空売りは最短で2/8(月)約定分から取引開始の予定ですが、在庫状況により日程が変動する可能性があります。取扱銘柄の追加状況は、当社WEBサイトのニュースでご確認ください。

「信用売建可能銘柄」ページを新設します

信用取引サービスの充実に伴い、お客様サイトに「売建可能銘柄一覧」画面を、お客様サイト(クラシック)には「信用売建可能銘柄一覧」画面をそれぞれ新設します。
本画面では短期信用だけでなく、制度、無期限、一日信用においても銘柄ごとの売建可否を一覧で表示します。貸株料やプレミアム空売り料、各銘柄の在庫までリアルタイムで確認いただけるほか、注文画面へ直接遷移することもできるため、売建の利便性がより向上します。

当社信用取引サービスの比較

短期信用および短期信用プレミアム空売りが加わった、当社が提供する信用取引サービスの概要は次の通りです。
お客様の目的に応じて、松井証券の信用取引サービスをぜひご活用ください。

  • 短期信用取引プレミアム空売りと、一日信用プレミアム空売りではプレミアム空売り料の計算方法が異なります。詳細は各商品の取引ルールをご確認ください。
  • 短期信用取引は新規建日から起算して14日目の前営業日までに返済または現渡が必要です。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

ご注意

  • 短期信用取引銘柄は、当社指定の銘柄が対象ですが、株式の調達状況によっては新規取引を停止する場合があります。
  • 取引所等による取引規制、および当社規制については、松井証券取引規制でご確認ください。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて