自動売買のコスト

自動売買を取引する際にかかってくるコストは、取引する金融機関によって差があります。
ここでは、自動売買を取引した際に発生する一般的なコストと、松井証券での費用をそれぞれ解説します。

Point

  • ポイント 松井証券は、取引手数料も自動売買手数料も無料
  • ポイント スプレッドも業界最狭水準

FXの自動売買をする際に、一般的には、以下のようなコストが発生します。

自動売買にかかるコスト=取引手数料+自動売買手数料+スプレッド

取引手数料

自動売買を提供する金融機関の中には、取引手数料が発生する会社があります。
松井証券では、取引手数料が無料です。

自動売買手数料

自動売買を利用して取引を行った際に、自動売買の取引料が発生する会社があります。

松井証券では、自動売買の手数料も無料です。

スプレッド

FXでは、売値と買値の価格差であるスプレッドも、実質的な取引のコストとなります。
松井証券では、自動売買に適用されるスプレッドも、自動売買で人気の通貨ペアを中心に業界最狭水準(※1)としています。コストを抑えて、初心者の方でも安心してお取引いただけます。

米ドル円
米ドル/円
ユーロ円
ユーロ/円
豪ドル円
豪ドル/円
カナダ円
カナダ/円
0.2~0.9 0.5 0.7 1.7
スイス円
スイス/円
ポンド円
ポンド/円
NZドル円
NZドル/円
ランド円
ランド/円
1.8 1.1 1.2 1
トルコリラ円
トルコリラ/円
メキシコペソ円
メキシコペソ/円
ユーロ米ドル
ユーロ/米ドル
豪ドル米ドル
豪ドル/米ドル
原則固定スプレッド対象外 0.3 0.4 0.9
ポンド米ドル
ポンド/米ドル
NZドル米ドル
NZドル/米ドル
ユーロ米ドル
ユーロ/豪ドル
ポンド豪ドル
ポンド/豪ドル
1 1.7 1.6 3.3
米ドルスイス
米ドル/スイス
ポンドスイス
ポンド/スイス
ユーロポンド
ユーロ/ポンド
豪ドルNZドル
豪ドル/NZドル
1.7 2.9 1.1 2.5
  • 1自動売買の取扱い業者 (マネースクエア、アイネット証券、外為オンライン、FXブロードネット)のリピート系注文に適用されるスプレッド(米ドル/円、トルコリラ/円を除く)と比較。2024年1月15日時点、当社調べ
  • 広告掲載日:2024年1月19日
  • スプレッド適用期間:2023年7月17日~
  • 上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。
  • スプレッドは、pipsで表示しています。
  • 自動売買の注文には、注文数量別スプレッドは適用されません。

リスクおよび手数料などについて