NISA 概要・魅力

個人投資家のための少額投資非課税制度「NISA」の概要・魅力をご紹介します。

NISAのポイント

NISAのポイントは、大きく分けて3つ!それぞれの概要を詳しく見ていきましょう。

毎年120万円までそれぞれ5年間非課税に

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が与えられます。そして、120万円の枠以内で買い付けした株式等から得られる売買益や配当金・分配金等が非課税になります。また、買い付けした年から最大で5年間までの利益が非課税になります。

毎年120万円までそれぞれ5年間非課税に

NISAで新規投資できるのは2023年まで

NISAは毎年120万円分までを新規に投資できます。ただし、新規に投資できるのは2023年までです。
NISA投資で得た譲渡益や配当金等は、投資をした年を含めて最長5年間非課税になります。 6年目以降もNISAで保有し続けたい場合は、5年間の非課税期間終了時点の評価額で翌年の非課税投資枠に繰り越すことができます。

  • 非課税期間終了時点の評価額が120万円を越える場合でもロールオーバー可能ですが、移管される年の非課税投資枠は0円になります。
  • ロールオーバーの詳しい手続き方法は、顧客サポートまでお問い合わせください。

NISAで新規投資できるのは2023年まで

対象は上場株式や投資信託等、年ごとに原則1人1口座

NISAでは、上場株式や投資信託等のいくつかの金融商品から投資先を選ぶことが可能です。

なお、全てのNISA制度に共通しますが、NISA口座は年ごとに原則1人1口座までしか開設することができません。ただし、年単位での金融機関の変更は可能で、その場合は書類等での手続きが必要です。手続きの詳細はこちら

その他の詳しい制度概要は次の一覧表をご覧ください。

NISAの制度概要

概要 NISA口座内の上場株式や投資信託等から発生する譲渡益、配当金、分配金が5年間非課税
対象者 口座開設をする年の1月1日時点において満20歳以上の国内居住者
口座開設 年ごとに原則1人1口座
  • 金融機関の変更は可能ですが、各年におけるNISA口座での買付けは1つのNISA口座でしか行うことができません。
対象商品 上場株式、投資信託、ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)等
非課税期間 5年間
  • 2015年分は2015年1月1日~2019年12月31日、2016年分は2016年1月1日~2020年12月31日の5年間が非課税期間です。
投資可能期間 毎年1月1日~12月31日(受渡日ベース)
  • 各年の投資可能期間にNISA口座で買付けた株式等が非課税の対象です。
非課税投資枠 年間120万円
  • 非課税期間の途中で売却することは可能ですが、売却部分の枠の再利用はできません。
  • 投資を行わなかった未使用枠を翌年以降へ繰越すことはできません。
  • 2016年より非課税投資枠が100万円から120万円に拡大しました。
  • 5年間の非課税期間が終了した時点で保有する株式等は、翌年分の非課税投資枠に繰り越し、引き続き非課税扱いとすることができます。
  • 非課税期間終了時点の評価額が120万円を越える場合でもロールオーバー可能ですが、移管される年の非課税投資枠は0円になります。
損益通算 一般口座・特定口座と損益通算不可
  • NISA口座で発生した損失は、ほかの口座で発生した利益と損益通算できません。

関連リンク

iDeCoとNISAの比較

税制上の優遇措置が設けられたiDeCoとNISA/つみたてNISAでは、どういった点がどのように異なっているのでしょうか?それぞれを比較してみましょう。

「NISA口座」のよくあるご質問 もっと見る

ご不明点はいつでもサポートダイヤルまでお問い合わせください

受付時間 / 平日 8:30〜17:30

まだNISA口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて