相場があまり動かないと予想した際に利用するストラテジー。相場が一定の範囲で動く場合に利益が得られ、オプションの売却額の合計が最大利益になる。相場が大きく変動した場合の損失は無限大

組合せ

同限月のオプションのうち、「権利行使価格が高いコールの売り」と「権利行使価格が安いプットの売り」を同枚数保有する。

具体例

設定時の日経平均株価10,000円
10,500円のコールを100円で1枚売り
9,500円のプットを100円で1枚売り

表:ストラングルの売り

  • それぞれの時点における「本質的価値」と「プレミアムの受払い」で合成ポジションの損益を計算しています。
  • オプションの最小売買単位(1枚)の約定代金は、プレミアム×1,000円です。

表:ストラングルの売り

ご注意ください

  • 記載している取引例は、手数料を考慮していません。
  • 損益図は満期日まで保有した場合の例です。
  • オプションの市場価格は、原資産価格のほか、満期までの期間・権利行使価格・金利水準・原資産の変動性、さらには個別銘柄毎の需給関係の影響を受け変動するため、当該ポジションを組むことにより、市場で決済を行う場合の損益が確定するわけではありません。
  • 取引例はあくまで参考例であり、必ずしもストラテジーが企図する結果になるわけではありません。

まだ先物・オプション取引口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!