先物取引では何を取引できますか?

Q先物取引では何を取引できますか?

A先物取引には、商品、株式、債券、指数、金利等、様々な商品(原資産)を対象にした取引があります。

松井証券では、大阪取引所の日経225先物やマザーズ指数先物、TOPIX先物、NYダウ先物等を取扱っています。

日経225先物

日本経済新聞社が日々算出・公表する日経平均株価(日経225)を対象としています。

日経平均株価は、日本の代表的な株価指数であり、日々のニュースで伝えられることも多いため、様々な取引の目安として利用されています。

最低取引単位は日経平均株価(日経225)の1,000倍です。

日経225mini

日経225先物と同じく、日経平均株価(日経225)を対象としています。

最低取引単位を日経225先物の10分の1に小口化し、個人のお客様にも取引しやすくした商品です。

最低取引単位は日経平均株価(日経225)の100倍です。

マザーズ指数先物

東証マザーズ指数を対象にした株価指数先物取引です。日本の新興市場のみを対象とする、初の上場先物商品です。

最低取引単位は東証マザーズ指数の1,000倍です。

TOPIX先物

TOPIX(東証株価指数)を対象とした株価指数先物取引です。

TOPIXは東証市場第一部上場のすべての銘柄の株価を基にして算出される指数です。

最低取引単位はTOPIXの10,000倍です。

ミニTOPIX先物

TOPIX先物と同じく、TOPIX(東証株価指数)を対象とした株価指数先物取引です。

最低取引単位をTOPIX先物の10分の1に小口化し、個人のお客様にも取引しやすくした商品です。

最低取引単位はTOPIXの1,000倍です。

JPX400先物

JPX日経インデックス400を対象とした株価指数先物取引です。

JPX日経インデックス400はROEや企業統治に着目して、全東証上場銘柄から選ばれた400銘柄から構成されます。

最低取引単位はJPX日経インデックス400の100倍です。

NYダウ先物

米国の大手有名企業30銘柄で構成される修正平均型の株価指数である、NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株平均株価)を対象とした先物取引です。

NYダウは、1896年5月26日に算出開始された世界でも最も歴史が長い株価指数の一つです。

最低取引単位はNYダウの100倍です。

はじめての先物取引 簡単Q&A集

もっとQ&Aを確認する

まだ先物・オプション取引口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて