先物の取引の流れを教えてください。

Q先物の取引の流れを教えてください。

A先物取引には、期日の前までに転売・買戻しをする方法(=反対売買)と、期日に決められた価格で商品を買ったり売ったりする方法(=最終決済)があります。

反対売買とは、取引最終日までに、買建ての場合は転売、売建ての場合は買戻しをすることにより、先物契約を解消することです。

最終決済とは、基本的には、期日当日に商品と現金の受渡を行うことです。しかし、松井証券で取扱っている日経225先物・日経225mini等は抽象的な数値である株価指数が原資産なので、指数そのものを受渡すことはできません。そこで、約定した価格と最終決済価格との差額を受渡すことで、その決済が行われます。このように、差額の授受によって決済することを差金決済といいます。

最終決済価格とは、期日の指数構成銘柄の始値に基づいて算出された清算価格「SQ(=特別清算指数)」のことです。

【例】日経225先物の場合

反対売買した場合

最終決済まで保有した場合

  • 手数料、料金などは考慮していません。

はじめての先物取引 簡単Q&A集

もっとQ&Aを確認する

まだ先物・オプション取引口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて