Q株価はなぜ上下するの?誰が株価を決めているの?

Q株価はなぜ上下するの?
誰が株価を決めているの?

A株価は需給のバランスによって決定します。
買いたい人が多ければ上がり、売りたい人が多ければ下がります。

そもそも株式投資とは、会社が発行する株式を売買するものです。会社が発行する株式には限りがあるので、買いたい人が多ければ株価は上がり、売りたい人が多ければ株価は下がってしまうのです。株価は、需給関係で上下するというわけです。

株価は需要のバランスで決まる

もちろん、株価は安易なマネーゲームだけで動くわけではありません。会社の成長性や安定性、財務内容等ファンダメンタルズが良いからこそ、多くの投資家から注目され、それが株価に反映されます。ファンダメンタルズが良く、投資家の期待を集める会社の株価は、上昇する傾向にあるといえるでしょう。

したがって、自分がよいと思ったイチオシ銘柄も、みんなが欲しいと思って買わなければ株価は上がりません。ケインズの投資理論「美人投票」にあるように、株の銘柄選びは、ほかの投資家がどう思っているかも大切なのです。

なお、実際には証券会社を通して証券取引所等へ出された数多くの注文を成立させることで、公正に株価が決まっていきます。

投資初⼼者のための簡単Q&A集(証券取引)

もっとQ&Aを確認する

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00

リスクおよび手数料などについて

  • 当社WEBサイトに記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、すべての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取引ルール、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などに記載されていますので、当該WEBサイトをご確認ください。