特定口座制度

個人投資家が上場株式等を譲渡した場合、原則として確定申告が必要です。

  • 「源泉徴収あり」の特定口座で取引される場合、原則確定申告は不要です。

特定口座制度

確定申告のためには、1年間の銘柄ごとの売却損益の把握と申告書記載、そして計算明細書という添付書類の作成、といった煩雑な作業が必要となります。
これに対して証券会社に「特定口座」を開設すれば、譲渡損益等について証券会社で計算した年間取引報告書を用いて、簡易に申告ができます。
また、選択により「源泉徴収あり」という制度を選択することで、取引の都度、証券会社が譲渡益から税金を源泉徴収し、お客様の代わりに税務署に納めますので、原則として確定申告が不要となります。
ただし、一般口座や他の証券会社口座での譲渡損益あるいは配当金等と損益通算する場合や譲渡損失の繰越控除の特例の適用を受ける場合、確定申告が必要です。

お客様はどのケースでしょうか

年間を通して上場株式等の譲渡所得があるお客様は、原則として確定申告が必要です。

なお、特定口座(源泉徴収ありを選択)で上場株式等の売却をしている場合、確定申告は不要ですが、お客様の状況に応じて確定申告をした方が有利となることがあります。

お客様ご自身がどのケースにあてはまるか、次の図を参考にしてください。

確定申告ケース

各ケースの詳細
A 確定申告は不要です。
B 確定申告することで、譲渡損失の繰越控除が利用できます。

譲渡損失の繰り越しについて教えてください。(Q&A)

C
  • 原則として確定申告が必要です。
  • 特定口座の場合、「年間取引報告書」を用いて簡易に申告できます。
  • 一般口座の場合、お客様ご自身で譲渡益を計算して確定申告する必要があります。譲渡損益の計算には、「取引履歴ファイル出力機能」をご利用ください。

取引履歴の出力方法を教えてください。(Q&A)

D
  • 確定申告することで、損益通算により還付を受けられます。
  • 特定口座の場合、「年間取引報告書」を用いて簡易に申告できます。
  • 一般口座の場合、お客様ご自身で譲渡益を計算して確定申告する必要があります。譲渡損益の計算には、「取引履歴ファイル出力機能」をご利用ください。

取引履歴の出力方法を教えてください。(Q&A)

株式取引の確定申告の詳細については、株式取引の税制・確定申告でご確認ください。

配偶者控除と確定申告の関係について

配偶者控除は、配偶者の年間の合計所得金額が38万円以下の時に受けられます。確定申告する場合、株式等取引での譲渡益や配当金等を他の所得金額に加算するため、配偶者の株式等譲渡益や配当金等を含む年間合計所得金額が38万円を超えた場合、配偶者控除は受けられなくなります。

ただし、配偶者が株式等譲渡益については特定口座「源泉徴収あり」を選択し、配当金等については確定申告不要制度により、確定申告を行わなかった場合、譲渡損益や配当金等が発生しても所得金額には加算しないので、配偶者控除に影響はありません。

ご質問・お問い合わせ

ネットストック口座を未開設のお客様
0120-021-906IP電話:03-5216-0617
ネットストック口座を開設済みのお客様
0120-953-006IP電話:03-5216-8628

受付時間 / 平日 8:30〜17:00

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて

  • 当社WEBサイトに記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、すべての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取引ルール、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などに記載されていますので、当該WEBサイトをご確認ください。