立会外クロス取引(ベストマッチ) 取引ルール

1.サービス概要

立会外クロス取引(ベストマッチ)(以下、「ベストマッチ」といいます。)は、東京証券取引所(以下、「東証」といいます。)の最良気配より有利な価格で約定(価格改善)する機会を提供するサービスです。
当社の他のお客様の注文や、東証に発注されていない他の証券会社にある機関投資家等の注文で、お客様の注文が有利な価格で約定できる注文がある場合には、東証の立会外市場(ToSTNeT)にて約定処理を行います。

複数の売買注文について金融商品取引業者内のシステムでマッチング判定を行い、約定させることができると判定した場合に、ToSTNeT取引で約定を成立させる取引方法は、注文価格や数量などの気配情報が開示されず、取引参加者の匿名性が確保されることから、一般にダークプールと呼ばれています。

2.利用条件

ベストマッチの利用条件は次のとおりです。
  • 信用取引口座を開設いただいたお客様は立会外クロス取引(ベストマッチ)をご利用いただけます。
  • 2019年2月2日以降にネットストック口座を開設されたお客様で、口座開設時において立会外クロス取引(ベストマッチ)利用条件を満たしたお客様は、立会外クロス取引(ベストマッチ)をご利用いただけます。

3.対応商品

現物取引のみご利用可能です。

4.対応チャネル

ベストマッチは次のチャネルで注文を受付します。

  • パソコン向け会員画面内
  • ネットストック・スマート
  • ネットストック・ハイスピード
  • 株touch
  • 携帯端末向け会員画面内
  • 電話

5.サービス時間

現物取引に準じます。
ただし、東証における次の時間帯には、執行条件「最良」を選択した注文であっても、ベストマッチ・システムでのマッチングは行いません。

  • 売買立会時間外
  • 引け前1分間(11:29~11:30、14:59~15:00)
  • 当該銘柄の前場、後場ごとの始値決定までの間
  • 東証において買気配または売気配が存在しない場合はその間
  • 当該銘柄が特別気配・連続約定気配・売買停止中等の状態である場合はその間
  • マッチングとは買注文と売注文を対当させる行為をいいます。ベストマッチ・システムにより、対当する注文の有無を判定します。

6.注文

新規注文

執行条件「最良」を選択して発注してください。
  • ベストマッチがご利用いただけない銘柄の場合、「最良」の選択チェックボックスが表示されない、または、操作できない状態となります。
  • 執行条件「なし」を選択する、または、執行条件として「寄付」「引け」「指成」「IOC」を選択することにより、ベストマッチを利用しないことができます。
  • 初期設定では、はじめに「最良」が選択されていますが、この設定を変更することができます。

パソコン向け会員画面の注文入力画面で口座区分や執行条件を設定保存する方法を教えてください。(Q&A)

  • 市場は「東証」のみ選択可能です。
  • 注文時の呼値は東証と同じですが、約定時の刻み値は東証より小さくなる場合があります。

呼値の単位・値幅制限一覧
ベストマッチの約定値段の刻み値を教えてください。(Q&A)

注文処理

執行条件「最良」を指定した注文は、次の流れで注文処理を行います。

  • 新規注文・訂正注文時に東証の最良気配より有利な価格で約定可能な注文がないかベストマッチ・システムで判定を行います。
  • 注文の全部または一部について約定可能な注文がある場合、当該価格によりToSTNeT(立会外市場)で約定処理を行います。
  • 約定可能な注文がない場合、東証 (立会市場)へ発注し、ベストマッチ・システムでの監視を継続します。
  • 発注した注文が全て約定した場合、ベストマッチ・システムでの監視を終了します。
  • 東証(立会市場)へ発注した後、ベストマッチ・システムで監視を行っている状態で当該システムへ約定可能な注文が発注された場合、この注文といったん仮約定の状態となり、東証へ発注している注文の取消を行います。二重約定を防止するため、この取消を確認した後でToSTNeT(立会外市場)において正式な約定処理を行います。

最良気配より有利な価格とは、買注文の場合は最良売気配を下回る価格、売注文の場合は最良買気配を上回る価格をいいます。ただし、以下の条件に該当する場合、最良気配より有利な価格であっても、ベストマッチ・システムでのマッチングは行いません。

  • 取引当日の東証の高値を上回る値段、または安値を下回る値段
  • 東証の現在値(直近の約定値)から±7%(※)の範囲を超える値段
    • 現在値に7%を乗じた値が5円未満となる場合には、一律、現在値から±5円

約定確認

ベストマッチの注文は、会員画面内上部【株式取引】-左側【価格改善レポート】画面で、約定した注文の執行詳細(約定数量、約定単価、マッチング判定をした時点での東証気配および判定時間、改善約定代金、改善成功報酬、オトク額等)をご覧いただけます。

【価格改善レポート】画面の見方を教えてください。(Q&A)

7. 改善約定代金

ベストマッチの取引では、お客様の注文の約定代金がどの程度改善したかを示す「改善約定代金」を計算します。改善約定代金は、次の方法で計算を行います。

買い注文

成行 改善約定代金=(東証売り気配-約定単価)×数量
最良売り気配以上の指値 改善約定代金=(東証売り気配-約定単価)×数量
最良売り気配を下回る指値 改善約定代金=(指値-約定単価)×数量

売り注文

成行 改善約定代金=(約定単価-東証買い気配)×数量
最良買い気配以下の指値 改善約定代金=(約定単価-東証買い気配)×数量
最良買い気配を上回る指値 改善約定代金=(約定単価-指値)×数量

8.改善成功報酬

改善約定代金の一定割合を改善成功報酬としていただきます。
約定代金が改善しなかった場合、改善成功報酬はかかりません。

改善成功報酬 改善約定代金×30%(税別)
  • 最低手数料なし
  • 改善成功報酬はボックスレート手数料とは別に、1約定ごとにかかります。
  • 電話でのお取引についても、ベストマッチのご利用により改善約定代金が得られた場合、電話でのお取引にかかる手数料とは別に改善成功報酬がかかります。

現物取引の手数料

9.その他

受付時間、取引規制など、その他ルールは、ベストマッチを利用するそれぞれの取扱商品ルールに準じます。

現物取引ルール
逆指値・追跡指値取引ルール
返済予約注文取引ルール

ご注意

取扱銘柄

  • ベストマッチの取引は、東証に上場する株式、ETF、REIT等が対象です。外国株式、外国投信受益証券等はサービスの対象外です。

↑「3.対応商品」に戻る

対応チャネル

  • ハイスピードαでは執行条件「最良」の注文は発注できません。

↑「4.対応チャネル」に戻る

注文

  • ベストマッチ・システムでマッチングを行った場合でも、ToSTNeTで約定する条件を満たさないことにより、当該注文が失効となる可能性があります。
  • 次の各システム処理の間には、それぞれ僅かながらの時間差が生じ、この僅かな時間における価格変動によっては、立会内取引市場に直接取次いだ場合に比して最も有利な価格による約定とならない可能性があります。
    • 注文の受託時に東証の最良気配を取得する際
    • ベストマッチ・システムによるマッチング判定を行う際
    • 約定可能な数量をクロス注文として執行させる際
    • 東証ToSTNeTで注文を約定させる際
  • お客様からの注文の相手方として、マッチング判定の対象となる注文が存在しない場合であっても、マッチング判定の処理を行った後、立会内取引市場へ取り次ぐこととなりますが、直接、立会内取引市場へ取り次いだ場合と比べ、発注までに僅かながら時間を要したために不利な価格で約定する可能性および約定しない可能性があります。

↑「6.注文」に戻る