制度信用取引と無期限信用取引の違い

無期限信用取引の特徴

制度信用取引は弁済期限が6か月であることから、投機的であると言われることがあります。
しかし、松井証券は信用取引が投機的であるという既存常識を覆し、無期限信用取引を開始しました。無期限信用取引により信用取引は投機から投資へと認知されていくものと考えられます。
無期限信用取引の特徴には次のようなものがあげられます。

1.期日を気にせず長期投資

最長でも6か月で決済しなければならない制度信用取引に、実質無期限(※1)の信用取引が加わることで、長期保有型の信用取引が可能になります。

期日を気にせず長期投資

2.上場初日から信用取引

無期限信用取引の買建対象銘柄は、取引所に上場しているすべての銘柄(※2)です。そのため、制度信用取引では、取引所が指定した制度信用銘柄しか買建てできませんが、無期限信用取引を利用すれば、新規上場銘柄も上場初日から信用取引が可能です。現金に余裕がなくても無期限信用取引なら保有株を手放すことなく上場初日から買付できます。また、当社指定の銘柄については売建も可能です。

3.原則として全ての銘柄(※2)が取引可能です

原則として全ての銘柄が取引可能です

  • ※1 上場廃止、合併、株式併合、株式分割等の事象が発生した場合や、当社の与信管理の都合上、あるいは株式の調達が困難となった場合等において、返済期限(信用期日)が設定されることがあります。
  • ※2 整理銘柄を除く当社取扱銘柄が買建対象です。当社の判断により取扱対象外となる銘柄があります。また、売建対象は当社選定銘柄のみですが、貸付株式の調達が困難となるおそれのある場合、新規売停止などの措置が入る場合があります。

無期限信用取引・制度信用取引の仕組み

無期限信用取引は1998年12月に導入された一般信用取引という仕組みを利用しています。一般信用取引とは、返済期限や金利、品貸料などを投資家と証券会社の間で自由に設定できる信用取引です。

松井証券の信用取引は、比較表のように、一般信用取引である無期限信用取引と一日信用取引、制度信用取引の三本立てであり、松井証券なら、お客様の投資スタンスにあった信用取引が選べます。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて