短期信用取引 概要・魅力

短期信用取引とは

返済期限を14日とした、一般信用取引です。松井証券の短期信用取引では、株主優待を実施している銘柄を中心に、取引可能な銘柄を揃えています。

  • 「短期信用プレミアム空売り」についてはこちらをご覧ください。
短期信用対象銘柄一覧 短期信用対象銘柄一覧

短期信用スケジュール(予定)開く

短期信用取引における、銘柄採用スケジュールです。

  • 下記日程は予告なく変更する場合があります。
対象月取引可能日(約定日ベース)
1月-
2月2/15(月)
3月3/18(木)
4月4/19(月)
5月5/18(火)
6月6/17(木)
7月7/20(火)
8月8/18(水)
9月9/17(水)
10月10/18(月)
11月11/17(水)
12月12/17(金)
  • 採用銘柄発表日は、「取引可能日(約定日ベース)」の前営業日です。
  • 短期信用プレミアム空売り銘柄は、上記とは異なるスケジュールで追加されます。

短期信用取引の魅力

株主優待取得の「つなぎ売り」で利用可能

つなぎ売りとは、現物で保有している銘柄を信用取引で売建することで、保有銘柄の株価下落リスクを抑えるという投資手法です。
権利付最終日までに同じ銘柄の「現物取引の買い」と「信用取引の新規売り」を同時に発注・約定させることで、現物株の株価変動のリスクを抑えながら、株主優待を取得することができます。

つなぎ売りのイメージ

  • 権利付最終日 : 現物株を保有しているので株主優待の権利をゲット!
  • 権利落ち日 : 「現物買いの損」と「信用売りの利益」が相殺されるため、株価下落の影響なし。

短期信用 スケジュールイメージ

短期信用 スケジュールイメージ

短期信用 スケジュールイメージ

便利な「クロス注文」機能

松井証券では、現物買いと信用売りを一度に発注可能な「クロス注文」機能が利用可能です。
反対売買の清算予約注文もできるため、自動的に返済されます。

優待クロス注文 優待クロス注文

逆日歩のコストがかからない

制度信用取引の場合、信用売りをしている銘柄が株式不足になると、「逆日歩」が発生しコストが増大する可能性があります。
短期信用取引では、「逆日歩」が発生しないため、無駄なコストがかかりません。

取引区分 制度信用 短期信用
逆日歩
(品貸料)
市場動向により
支払が発生する場合あり
(証券金融会社が発表)

0

短期信用プレミアム空売り

一日信用取引で人気の銘柄が、返済期限14日で空売りできる「短期信用取引」向けの特別なサービスです。

  • 短期信用プレミアム空売り料の支払いが必要となります。
短期信用プレミアム空売り 銘柄一覧 短期信用プレミアム空売り 銘柄一覧

短期信用取引の取引情報

短期信用

短期信用プレミアム空売り

取り扱い銘柄 当社選定銘柄
手数料 ボックスレート手数料
貸株料 上限3.9%
(銘柄ごとに異なります)
年利1.8%
短期信用
プレミアム空売り料
なし 1株あたりX円
(銘柄ごとに異なります) ※1
返済期限 新規建玉の建日から起算して14日目 ※2
  • ※1 短期信用プレミアム空売り料は変動し、受渡ベースの両端入れ(建日、返済日、当社休業日を含む)で1日につき1株あたり、短期信用プレミアム空売り料決定日の終値(終値がない場合は各銘柄の主市場における直近の約定価格)×0.2%が上限です。
  • ※2 返済期限の前営業日大引けまでに建玉の返済買または、現渡をお願いします。

「制度信用取引・無期限信用取引・短期信用取引」のよくあるご質問 もっと見る

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて