信用取引を使った回転売買

信用取引では、同じ銘柄であろうが、他の銘柄への乗り換えであろうが、同じ保証金を活用して1日に何度でも回転売買が可能です。

現物取引で認められているのは、ある銘柄を売った代金でその日のうちに他の銘柄を買うというケースのみです。

■信用取引を使った回転売買

信用取引を使った回転売買

  • 売買に伴う取引手数料・金利・貸株料などの諸経費は無いものと仮定。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて