信用取引を利用した資産コントロール

さて、ローリスクの裁定取引は主に信用取引を活用した堅実な利殖法でした。しかし、信用取引の活用術はこれだけにとどまりません。

信用取引は資産管理の面からも大変便利です。これからご紹介するのは、信用取引の売りを利用して保有株の値下がりリスクを回避する「売りヘッジ」と、信用取引の買いを利用して将来の株式購入コストを現在の株価で確定する「買いヘッジ」という2つの投資手法です。ヘッジ取引とは、株価変動リスクを回避して、現在の価格で固定することを目的とした取引のことです。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて