株式投資に必要な資金

株取引というと、「お金をたくさん持っている人がやるもの」というイメージを持っているかもしれません。実際にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?

株の購入金額について

株を購入するのに必要な資金は「株価×購入株数」で計算します。1万円から買える株もあれば、100万円程度の資金が必要な株もあり、銘柄(企業)ごとにどのくらいのお金が必要かは異なります。

なお、1株当たりの株価(株の価値)は銘柄ごとに異なります。また、購入株数の最低単位(単元といいます)も100株、1,000株のように銘柄ごとに決まっています。

株の購入金額について

例えば、インターネットのポータルサイトとして有名なヤフーは100株から取引でき、2018年12月6日時点の株価は314円ですので、3万2千円あれば購入できます。一方、「Nintendo Switch」で人気を博した任天堂も100株から取引できますが、同日の株価は31,920円であるため、320万円程度ないと購入できません。このように株取引に必要な資金は様々なのです。

株を選ぶ際には、株価と単元株数を確認し、投資可能な金額の範囲内で購入できるのかをチェックしましょう。

  • 株式の購入には別途手数料がかかります。

株の購入のポイント

10万円以下で購入できる株は1,000社以上!

最近では、より多くの個人投資家に自社の株を買ってもらえるように、1単元の株数を引き下げる企業も増えており、少額から取引できる銘柄も多くあります。

例えば、10万円以下で取引できる銘柄は2018年12月時点で約1,000社以上もあり、中には誰もが聞いたことのある有名企業も数多く存在します。

【例】10万円以下で投資できる株(QUICK情報のデータより抜粋)

銘柄名 最低投資金額 株価 単元株数
セブン銀行(8410) 34,300円 343円 100株
ヤフー(4689) 31,400円 314円
ヤマダ電機(9831) 55,000円 550円
ブックオフグループホールディングス(9278) 76,800円 768円
ぐるなび(2440) 83,700円 837円

※2018年12月6日時点

ご注意

  • 上記の銘柄は客観的なデータに基づき掲載しているもので、松井証券がこれらを勧誘するものではありません。

はじめての株式投資 簡単Q&A集

初心者でも安心!松井証券がお客様の投資をサポートいたします

松井証券ではじめる現物取引の魅力

シンプルな料金制度で安心!
初心者でも気軽に
はじめられる手数料体系

手数料0円

手数料

簡単操作で素早く発注!
無料で使える
便利で豊富なツール・アプリ

ツール一覧

ツール一覧

困ったらいつでも
相談できる!
充実したサポート体制

充実したサポート体制

充実したサポート体制

口座開設から投資するまでの流れ

口座開設のお手続きの流れから、初めての取引まで、実際の画面でわかりやすくご案内します。

インターネットで簡単!無料で松井証券の口座を開設しましょう

リスクおよび手数料などについて