逆指値・追跡指値 取引ルール

返済予約注文 取引ルール

1.サービス概要

逆指値注文とは、株価の動きを監視し、指定した価格(トリガー値段)に到達した時にあらかじめ設定しておいた注文を市場へ発注する方法です。追跡指値注文は、通常の指値注文と逆指値注文を組み合わせた発注で、指定した価格(トリガー値段)に到達した時にあらかじめ設定しておいた注文へ指値を訂正する方法です。

逆指値注文・追跡指値注文とは何ですか。(Q&A)

指値注文と逆指値注文の違いを教えてください。(Q&A)

2.対応商品

次の取引にご利用可能です。

  • 現物取引
  • 制度・無期限信用取引、一日信用取引
  • 先物・オプション取引、一日先物取引

3.対応チャネル

逆指値および追跡指値は次のチャネルで注文を受付します。

  • お客様サイト
  • ネットストック・ハイスピード
  • 株touch
  • 携帯端末向けお客様サイト
  • 電話

4.注文

新規注文

注文画面の銘柄名下にある「逆指値」または「追跡指値」を選択し、取引区分、口座区分、市場、株数、値段 (追跡指値の場合)、トリガー値段(逆指値・追跡指値の到達条件として設定する価格)、予約値段、執行条件、有効期間を入力してください。
有効期間は、発注する商品の取引ルールに準じます。

  • PTSへ発注する場合、予約値段を成行にすることはできません。
  • 予約値段が指値の場合、「週末まで」は選択できません。

執行条件は商品によって異なります。

商品 執行条件
株式取引 「最良」(※)または「なし」(選択可能)
先物・オプション取引 指値の場合:「FAS」(選択不可)
成行の場合:「FAK」(選択不可)
  • 「最良」を選択した場合、立会外クロス取引(ベストマッチ)の注文として発注します。ベストマッチで発注できるのは、対象銘柄の現物取引のみです。

トリガー値段は、有効期間によって設定できる値段が異なります。有効期間ごとの設定可能範囲は次のとおりです。

有効期間が「当日」または「日中」「当場」 発注時の制限値幅の範囲内
有効期間が「週末まで」 発注時の制限値幅下限の1/2~制限値幅上限の2倍の間
  • PTSへの発注および一日先物取引の場合、有効期間は「当場」となります。
  • 「日中」は、先物・オプション取引のみ選択できます。

逆指値注文の発注方法を教えてください。(Q&A)

追跡指値注文の発注方法を教えてください。(Q&A)

余力拘束

逆指値注文は、予約値段に応じて余力を拘束します。追跡指値注文は、訂正前の指値と予約値段を比較して大きい値段で余力を拘束します。

訂正・取消

【注文訂正・取消入力・確認】で値段の訂正または取消を行ってください。
値段(追跡指値の場合)、トリガー値段、予約値段の訂正が可能です。

逆指値・追跡指値注文の訂正・取消方法を教えてください。(Q&A)

5.条件到達ルール

トリガー値段の到達判定には、発注している市場またはPTSの最新の約定値または特別気配、連続約定気配を使用します。

  • 名証の場合には、最終気配も判定基準となります。
  • PTSの場合には、PTSの最新の約定値で判定します。なお、PTSには特別気配、連続約定気配の制度がないため、最新の約定値のみが判定基準となります。

トリガー値段まで値段が到達していないのに注文が発注されているのはなぜですか?条件到達ルールを教えてください。(Q&A)

6.不公正取引

逆指値注文、追跡指値注文は、相場の上昇、下降に応じて買付けまたは売付けを行う、または注文単価の訂正を行うものであり、相場の上昇あるいは下落を加速させる可能性がある注文です。ご利用に際しては、相場操縦の疑いをもたれないようご留意ください。お客様の取引が相場操縦の疑いをもたれる可能性があると当社が判断した場合、注意喚起または取引制限等の措置をとることがあります。

7.その他

注文受付時間、取引規制、その他ルールは、逆指値・追跡指値を利用して取引するそれぞれの取扱商品のルールに準じます。

現物取引ルール
制度信用取引・無期限信用取引ルール
一日信用取引ルール
先物・オプション取引ルール
一日先物取引ルール
PTS取引ルール
立会外クロス取引(ベストマッチ)取引ルール

ご注意

対応商品

  • NISA口座、ジュニアNISA口座でのお取引、信用取引、先物・オプション取引の一括返済注文にはご利用いただけません。
  • 先物・オプション取引において発注される逆指値および追跡指値注文は、大阪取引所が受付するストップ注文とは異なる当社独自の注文方式です。

↑「2.対応商品」に戻る

対応チャネル

  • ネットストック・ハイスピードで一日信用取引および一日先物取引を行う場合、追跡指値の発注はできません。訂正・取消は可能です。

    逆指値・追跡指値は、どの画面から発注できますか。(Q&A)

  • 一日信用取引の新規建および一日先物取引(新規建・返済)については、電話による注文をお受けしておりません。

↑「3.対応チャネル」に戻る

注文

  • 信用取引(制度・無期限・一日)において、逆指値および追跡指値による現引・現渡の注文は受付けできません。
  • 51単元以上の逆指値および追跡指値による信用新規売注文は受付けできません。また、適格機関投資家のお客様からは、逆指値および追跡指値による信用新規売注文を受付けできません。

↑「4.注文」に戻る

リスクおよび手数料などについて

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00